飲食店でウロチョロするネズミには、人間に効かないペストコントロで退治しよう


飲食店経営においてネズミの被害はとても深刻です。
お客の前にネズミがウロチョロしたら、
そのお店にお客は二度と集まらなくなります。
実際には厨房でウロチョロされることが多いですが、
従業員としても働きたくないと思う筈です。

しかし飲食店が取れるネズミ対策は限られています。
バルサンなどの煙でいぶしたいところですが、
営業時間中は無理です。
半日で何とかなるものではなく、
数日は営業をストップしないといけなくなるかもしれません。
バルサンの臭いがただよう飲食店など、誰も入りたくなりません。
ねずみの嫌いな臭いで追い払うという方法もありますが、
その臭いは人間にも有害です。

そこで活躍するのがペストコントロです。
ねずみにだけ効く超音波と電磁波を発する
ペストコントロは人間には効かない装置になります。
ペストコントロでしたら、従業員やお客に気付かれることなく
ネズミを追い払うことが出来ますので、おすすめですよ。
ただし、ペストコントロは遅行性の装置になります。
設置して1週間程度では、ネズミにはペストコントロが効かないです。

また、空腹に耐えかねて、
超音波を我慢する個体も登場するかもしれません。
そうしたネズミにはペストコントロはあまり効かないです。
飲食店経営においてはまず、
ペストコントロを設置してネズミにストレスを与えて、
夜寝静まった時間帯にネズミが厨房にやってこないように、
廃棄物をきちんと処理したり、
ねずみの侵入口を防いだりする対処が必要と言えます。

また、侵入口があるとは限りません。
ねずみは人間の通り道を通ることもあります。
飲食店などは人の出入りが激しく、
ドアが開いた瞬間に入り込むかもしれません。
あとは、人間が寝静まるまで、どこかで待機。
こうゆう知能的なこともねずみはしてくるのです。

ペストコントロが効かないねずみはほとんどいませんが、
使い方を間違えるとねずみは普通にやってきます。
ペストコントロが効かないケースは
公式サイトや説明書に書いてありますので、
しっかり熟読するようお願いします。